エイズ検査を受けて安心を手に入れよう|プライバシーが守れる

人気のキットの特徴は

診察室

性病検査を行ないたいけど、さまざまな理由からクリニックにすぐに行くことができない場合は、自宅でチェックすることも可能です。人気のあるキットは、一度に多数の病気を匿名で調べることができるので、需要が伸びています。

View Detail

検査することが重要になる

女の人

HIV検査を他人事のように感じていませんか。日本国内でもHIV患者は増加傾向にあります。しかも先進国では日本だけが増加しているというのです。しっかりと検査を受けて、自覚と知識を持つようにしたいものです。

View Detail

特徴をリサーチ

病院

クリニックと保健所に行けば、性病検査を受けることができますが、両者ではどのような違いがあるのでしょうか。また、外出できない場合や、休日などに検査したい場合はどうすればよいのでしょうか。

View Detail

どんな検査方法があるのか

女医

エイズ検査を受けてみたいと思う人は少なくないはずです。性交渉を持った経験のある人は、エイズである可能性はゼロではありません。特定のパートナー以外にも不特定多数の人と性交渉をしている場合は、その可能性は高まってくるはずです。しかし、経験人数の問題だけでエイズになる可能性が上がるというわけでもないのが、この病気の怖さともいえるでしょう。たった一人と一回の性交渉であっても、病気になってしまうことはあるのです。しかもエイズ患者本人に自覚がなければ、どんどん感染は広まっていきます。患者の治療のためにも、新しいエイズ患者を防ぐ意味でも、誰でも一度はエイズ検査を受けておくことが有効だといえます。

エイズ検査は、クリニックや、保健所に行けば受けることができるでしょう。クリニックは性病科や婦人科、泌尿器科、内科などを受診してみましょう。しかし、クリニックによっては、エイズ検査を実施していない場合もあるので、事前に問い合わせてから行くことをおすすめします。保健所では、エイズ検査を実施している曜日や時間帯が決まっている場合が多いので、自治体に確認してから検査に行くことがよいでしょう。どの施設でエイズ検査を行なっていても、守秘義務があるので、誰かに情報が洩れるといった心配はないでしょう。しかし心配な場合は、保健所では、匿名で検査できるので、保健所での検査をするのが良いといえます。クリニックでエイズ検査を行なった場合は、匿名での検査が難しい場合が多いといいます。また、費用の面でも、両者で異なってきます。クリニックは自己負担になるので、数千円はかかってくるはずです。保健所は、無料でエイズ検査を行なうことができます。クリニックでエイズ検査を行なって、陽性だった場合は、そのまま治療を受けるためのさまざまなサポートを期待できるので、安心できるといえます。

また、最近では、エイズ検査を自宅で簡単に行なことができるキットも登場しています。匿名とはいえ、保健所に行ってエイズ検査を行なうことも抵抗がある場合や、忙しくてクリニックが行くことができない場合などには、特に最適なエイズ検査の方法だといえるでしょう。このキットは、自宅で採血して郵送するスタイルで、誰にも会わずにエイズ検査を行なうことができます。プライバシーを最も守れる方法だともいえますし、手軽にできるため、多くの人がキットを利用しているといいます。クリニックや保健所と変わらない精度の高い検査結果になりますので、安心して利用できるはずです。